IR・投資家情報investor relations

IR情報指針

ディスクロージャー・ポリシー

 当ディスクロージャー・ポリシーは株式会社KeyHolderの情報開示に関して定めたものです。その目的は、適時・公正・公平な情報開示に努めることにより、株主・投資家の皆様が当社に対する理解を深め適正な投資判断を下していただくことに加え、債権者・格付け機関の適正な判断を支援し、当社が適切な格付けを取得することでございます。
以下、各項目をディスクロージャー・ポリシーとして定め、その実行を徹底致します。

1. 情報開示に対する基本姿勢

 KeyHolderの情報開示に対する基本姿勢は、東京証券取引所の定める規則を遵守し、適時(できる限り速やかに)、公正(法令を遵守し良い情報と悪い情報とを区別せず)、公平(全ての株主・投資家に対して平等に)に情報を提供することです。そのために、役員・従業員は全て、当ディスクロージャー・ポリシーを遵守するものとします。

2. 情報開示の基準

 当社は、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所の適時開示規則に基づき情報開示を行います。この他にも当社の判断により、投資家の皆様に当社への理解に有効と判断できる情報につきましても、積極的に開示致します。

3. 開示の方法

 当社は、有価証券報告書や決算短信、四半期決算の報告などの開示書類の他に、アナリスト向け決算説明会の資料や株主通信等を開示し、株主・投資家の皆様が当社への理解を深められるように努めます。また、開示した情報は原則として当社IRサイト上に掲載し、適時・公正・公平な情報開示を目指します。

4. 将来の見通しに関する基本方針

 当社は、業績予想ならびにその修正に関する発表については、東京証券取引所が定める基準ならびに方法に従って開示致します。その他の情報で、当社が株主・投資家の投資判断に多大な影響を与えると判断した将来予測や重要情報については、報道機関への発表(プレスリリース)を、可能な限り迅速かつ広範に行います。更に、当該情報に関して社外から問い合わせ等があった場合には、適時性や公平性を損なわない範囲内において、誠実に回答致します。

5. 沈黙期間について

 当社は決算情報の漏洩防止と公平性の確保のために、決算発表日前2週間を沈黙期間とし、決算に関する質問への回答、コメントを差し控えさせていただきます。また、沈黙期間中に発表された第三者による予想、観測等についての評釈も行いません。
ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく変化させる見込みが出てきた場合、適時開示規則に基づき開示することとします。なお、沈黙期間であっても、決算に関わらない情報の開示を行うことや、すでに公表されている情報に関しての問い合わせには対応致します。

6. インサイダー情報の管理について

 当社は重要事項の公表および内部情報に関する管理基準等についての運用指針として、インサイダー取引規制に関する規程を設けております。さらに、インサイダー情報管理に関する規程を遵守するべく、全従業員必須の入社時の研修の実施等、従業員の啓蒙・教育を徹底しています。

7. 株価情報について

 当社の株価に関しましては、市場の売買により適正に決定されているとの認識にたち、株価の出来高ないし株価に関する発生事実につき、原則当社としてのコメントは行わないことを方針と致します。

8. お問い合わせ先

株式会社KeyHolder 経営企画部 IR・広報担当
TEl:03-5843-8888   E-mail:IR@keyholder.co.jp
※営業時間:9:30~12:00、13:00~18:30(土日祝除く)